浴室を自分好みに

リフォーム

家の中で一番水を使用する水回りの場として、浴室があげられます。
浴室の広さや設置するものにより差はありますが、ユニットバスの場合だと目安として50万円から200万円ほどかかります。
中心価格帯としての相場は50万円から100万円ほどになります。
この価格はユニットバス本体の撤去や取り付け工事の他、電気工事や排水管工事費用などが含まれています。

浴室に主に使用されるオプションにはさまざまあります。
その価格としては、浴室暖房乾燥機が約7万円から20万円でジェットバスが約15万円から27万円などがあります。
他にも浴室でリラックスしたい人のために浴室テレビが約6万円から25万円であります。
ミストサウナが10万円から20万円程度となります。
浴槽の種類にも人工大理石浴槽が約8万から11万円で、鋳物ホーロー浴槽が約15万円から24万円などがあります。

新築の際に費用を抑えて作った浴室なども、リフォームの際に豪華で快適な空間に変えることが可能です。
新築の時と同じように、自分の好きなように空間づくりのできるリフォームはとても人気があります。

理想のキッチン

洗面台

主婦の視点からみて一番身近な水回りといえば、キッチンでしょう。
システムキッキンは、グレードや形状などによって価格が変動します。

一般的にスタンダードなものはI字タイプのものになります。
このI字タイプの相場は、使用している素材などに特にこだわることがなければ約20万円から55万円になります。
ワークトップなどに人工大理石などの高級素材を使用したものをミディアムグレードといいます。
このミディアムグレードのものでだいたい38万円から120万円となります。
一番高価なものをハイグレードといい、これは扉までも全て高級素材を使用したものとなっています。
このハイグレードの相場は安いものから高いものまで大きく幅があり、約80万円から200万円ほどになります。

グレードでの変動はこのようになりますが、形状でもI字タイプよりもL字タイプやアイランドタイプになるにつれて値上がりしていきます。
他にキッチンのリフォームとしてかかる費用には約25万円から30万円ほどかかります。
この内訳としては、システムキッチンを設置するための電気設備工事費や、給排水設備工事費、ガス工事費、解体工事費などになります。

オプションとして、ビルドイン食器洗い乾燥機などが約10万円から20万円になります。
IHクッキングヒーターなどが、約7万円から20万円。
タッチレス水栓が約4万円から12万円、電動昇降吊り戸棚乾燥庫が約15万円から21万円などになります。
キッチンをより快適に使用するためにはこのようなオプション代も必要になってきます。
一度リフォームを決めると、他にも高機能なものは欲しくなってくるものです。
その場合のことを考えてリフォームの初期費用は多めに設定しておくとのちのち欲しい機能を追加できるようになることもあります。

キッチンでコミュニケーション

シャワーから水漏れ

主婦にとって欠かせない水回りのキッチンですが、大きく分けてふたつのタイプに分類できます。
このふたつのタイプにはオープンキッチンとクローズドキッチンがあります。

クローズドキッチンとは、キッチンのある空間をひとつの部屋として考えて設計されたものです。
オープンキッチンとはその逆といえます。
オープンキッチンは、キッチンがある部屋以外の他の部屋との空間が壁などで仕切られていないもののことをいいます。
そのオープンキッチンの中でも開口部でダイニングと一緒になるように設計された対面キッチンと、ダイニングの中心などに島のようにキッチンが存在するアイランド型とがあります。
キッチンは家庭の中での顔ともいえる場所で、家族の生活の中心です。
リフォームの際は家族のライフスタイルなどを考えて、楽しくコミュニケーションが取れるようなデザインのものを選ぶことが大切です。

家族とのコミュニケーションを第一に考えるならば、オープンキッチンがとても理想的といえるでしょう。
オープンキッチンならば料理中に家族と会話することも可能ですし、小さな子供から目を離すことが不安という場合も安心して料理をすることができます。