室内

水回りを整備〜コーティングで傷をブロック〜

キッチンの種類

案内

主婦にとって欠かせない水回りのキッチンですが、大きく分けてふたつのタイプに分類できます。このふたつのタイプにはオープンキッチンとクローズドキッチンがあります。クローズドキッチンとは、キッチンのある空間をひとつの部屋として考えて設計されたものです。オープンキッチンとはその逆といえます。オープンキッチンは、キッチンがある部屋以外の他の部屋との空間が壁などで仕切られていないもののことをいいます。そのオープンキッチンの中でも開口部でダイニングと一緒になるように設計された対面キッチンと、ダイニングの中心などに島のようにキッチンが存在するアイランド型とがあります。
キッチンは家庭の中での顔ともいえる場所で、家族の生活の中心です。リフォームの際は家族のライフスタイルなどを考えて、楽しくコミュニケーションが取れるようなデザインのものを選ぶことが大切です。家族とのコミュニケーションを第一に考えるならば、オープンキッチンがとても理想的といえるでしょう。オープンキッチンならば料理中に家族と会話することも可能ですし、小さな子供から目を離すことが不安という場合も安心して料理をすることができます。オープンキッチンやクローズドキッチンに変更する際には、水回りのコーティングを行うのも一つの方法です。コーティングを行うことに、水回りの耐久性を高めることが可能です。コーティングの種類により、水回りの耐久性が変わってくることもあるため気をつけましょう。